sit_bn.jpg

2017年11月14日

エコ・ナプキンワークショップ & プチ望診

 「エコ・ナプキンワークショップ & プチ望診

        食事にプラスのケア − 女性の体を健やかに」


1031日に開催しました。

女性特有の健康のお悩みはいろいろあります。

生理不順・PMS・生理痛・子宮内膜症・子宮筋腫・妊娠に関わること・更年期 …

それらは、日々の食事と無関係ではありません。

  つまり、山村塾がお伝えしている

    ”食べ物で人生が変わる − you are what you eat! ” なのです。


でも、

 食べ物だけでなく、生理用品からの影響があるのをご存じですか?


布製生理用品「エコ・ナプキン」を手縫いしながら、そんなお話

      ・・・ どんな食べ物・食べ方が影響するの?

          なぜ布製?− 生理用品を変えるとからだはどう変わるの?

          心地良い生理のためのお手当は? etc ・・・

 に耳を傾けていただき、最後にプチ望診。


手を動かして、聞いて、喋っての2時間(少々オーバー(^_^;))。


IMG_5282.JPG

サイズ違いの3枚のうち、一番小さいサイズ1枚だけでも縫い上げることが目標でしたが、

皆さんスイスイ縫い進み、2枚目にも着手!

チクチク手縫いの楽しさ、心地良さにすっかり魅了されたご様子でした。


エコ・ナプキン作りは下記3工程の順で進めるのが本来です。

@ 縫う → A 染めの準備(煮沸・ご汁浸け・陰干し) → B 草木染め 

   

1日で全工程をこなすことはできないので、草木染め済み(AとBの工程)のネル生地を使っての講座としました。

縫い上がれば完成なので、すぐに使えます。


参加された方は、皆さん、エコ・ナプキンはもとより、布製の生理用品自体が初めて。

ネル生地の手触りの良さにまず感動です。

使っていただいてからの感想が楽しみです。


  ”買って使って汚れたら捨てる” から  

       ”自分で作って使って汚れたら洗ってまた使う”  暮らし へ。


 生理を、自分の体をより愛しく感じられるのではないでしょうか。 嬉しいですね!


 そこから新たに見えてくるものがあるはずです。

        ”暮らすこと” ”食べること” ・・・


IMG_5281.JPG

そうそう、最後に行ったプチ望診。

皆さん、胃や腸にお疲れ気味のサインが出ていました。
冷えがある方、逆に熱を持っている方、お体の状態は皆さん違うのですが。


ひとりひとりお悩みは違えど、豊かな時代の現代人です!

概して、食べ過ぎ傾向あり なのでしょう。 

健やかな体へのキーポイントのひとつ ですね。

(上級望診法指導士 中村美穂子)




開催中、もしくはこれから開催される卒業生企画講座

東京

【卒業生企画】プチ望診付き!やさしい東洋医学薬膳入門


大阪

【卒業生企画】かんたん中医学講座

【卒業生企画】かんたん中医学講座<続編>

【卒業生企画】足から読み解く潜在意識〜あなたの未来を開くしあわせ足裏レッスン〜



ラベル:東京 ワンデイ
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

10月に東京山村塾にて望診法の練習会が行われました

『日々の疲れが溜まっているけれど、丸一日ゆっくり休む時間がなくて。

病気ではないけれど、カラダがだるくて…』

モニター役になった参加者のお悩みを聞くところから、10月の望診勉強会が始まりました。

voice_boshin.jpg

望診法の勉強からしばらく時間を置いてしまって自信がないと思っていたけれど、

ちょっと待って。気おくれしなくてもいいのかも…。

この勉強会は、「参加者の望診の見立ては みんな間違いじゃない」というのもあって、

参加しやすいのもポイントのひとつです。



参加者のメンバーから、得意な分野の話をしていただく

「今日のトピック」は、経絡(ケイラク)の捉え方。

手足を流れる六つの経絡・陽側と陰側の経絡など、手足を使って皆で確認しました。

望診で手足を見る時に役立つ、体内の気血が流れるルートである経絡を捉える方法。とても参考になりました。



次に、実際に望診をします。モニター役の参加者のお顔全体を見てから、目、舌、手などを細かく望診していき、

「舌を見て。胃の疲れが出ているね」

「唇のところ。油こい食事が多かったのかな」

など、全員で意見を出し合っていきます。

0690c57a3b60372eefe45ce622e90dd7f.png

勉強会に参加してみて、

「こんなふうに伝える方法があったなんて! おもしろい」

「この方法なら クライアントの生活に寄り添っている、いいね」

など、みなさん互いに共感し励まし合いながら、本当に濃い時間を過ごしました。



望診法指導士の仕事・食事相談は、

大きな目標を見つけてクライアントに寄り添うことも一つのやりかたなので、

「OLをしていた」や、「子育てママをしていた」など、

指導士が自分の経験を振り返りながら、指導につなげることもできるのだと私は思います。



いま望診法を勉強中で知識豊富な望診法指導士や、

勉強からしばらく時間を置いてしまって自信がないという指導士も、

ぜひこの貴重な勉強会に参加してほしい!と思います。



指導士として経験豊富なベテランの方も一緒に参加しているので

知識以外のことも学ぶことができるのもメリットです。



勉強会は、月に1度くらいのペースで続いていて、

「初級 望診法指導士養成講座」を修了した方なら

どの地域からでも、どなたでも参加できます。
(上級望診法指導士 片岡かず子)



望診勉強会は東京大阪で開催されています。

今月の開催予定


詳しくは上記リンク先(facebookページ)をご覧ください。


続きを読む
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

季節の食材- 立冬 -

今年の立冬は新暦では11月7日で、この日から冬となります。

暦便覧には「冬の気立ち初めて、いよいよ冷ゆればなり」とあります。東京ではこの季節は紅葉になりますが、私の古里では木の葉も散り初雪が降ります。
二十四節気 第五十五候では冬を告げる花として、山茶花があげられています。

「山茶始開」椿(さんさ)開き始める
山茶花はどうして「さんさか」でなくて「さざんか」と読むのだろうと不思議でした。実は「山茶(さんさ)」は、椿の漢名なのです。「さざんか」という名前は、椿の漢名に「花」をつけた「山茶花」が変化したものなのということです。
椿と山茶花ですが、花がほとんど同じなのでその見分けがつかない。花ごとポトリと落ちるのが椿で縁起が悪いので病気見舞いには持って行かないようにと言われていますね。これに対して花びらがはらはらと散るのが山茶花と言うことです。

01241458_4f1e48971469b.jpg

「さざんかさざんか 咲いた道 焚き火だ焚き火だ落ち葉焚き」
懐かしい歌で、落ち葉を焚く香りまで思い出します。今では近所迷惑などと言われてできなくなってしまいました。

さて、冬が来るこの季節に吹く風は木枯らしといいますね。凩とも書きます。これも歌を思い出します。北風小僧の寒太郎 今年も町までやってきた ひゅるるーん…。
この時期にうまい魚と言えばシシャモ。柳葉魚と書きます。

0I9A4448ISUMI_TP_V.jpg

ところが、シシャモとして売られているものはカナダやアイスランドから冷凍で輸入されるカラフトシシャモ。カナダ産の樺太シシャモ…ああ、ややこしい!カラフトシシャモ国産のシシャモはまったく別の種類と言うことです。産卵のために北海道の川を昇ってきた、本物のししゃもは絶品でした。

榎(えのき)茸
私は山育ちで、秋から冬にかけてできる木の実や山菜などの山の恵みにはかなり詳しいのですが、キノコだけは例外です。子供達ばっかりで遊んでいて、大人の木の子取り名人に連れて行って貰っていないからでしょうね。

さて、多くの茸は秋の季語ですが、榎茸は冬と言うことらしい。山で自生するの榎茸は、晩秋から初冬に出て来るからです。榎茸というと白くて細いイメージですが、本来はまったく違って、茶色くて傘も五センチほどに大きくなるのだとか。風味もずっとすぐれているそうです。

8ced18f81733763b1f4fb93ad6d03cd6.png

榎茸にはビタミンB1やB2、ナイアシン、B12や食物繊維が豊富に含まれています。うつ病に良いと言われるナイアシンもシメジや舞茸と同じくらい多く含み、糖質や脂質の代謝に関わります。えのき氷ダイエットも話題になりましたね。榎茸を同量の水と一緒 にミキサーでドロドロにし、それを1時間ほどじっくり煮込み、製氷皿で凍らせた物です。これでおなか周りの脂が燃えてスッキリ!

シシャモの効力もスゴい。糖質の代謝を助け、心を安定させ、細胞の新陳代謝を促進し、皮ふや粘膜を守るすぐれた働きをするビタミンB群を豊富に含みます。また動脈硬化を予防し、ストレスをやわらげる働きのあるパントテン酸、貧血を予防し、皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高め細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくるのに欠かせない葉酸を含みます。さらに、カルシウム、リン、マグネシウムなどを含んでいます。

季節の食べ物は、私たちがそこで暮らしやすいように外の環境と体内の環境を調節してくれる働きがあります。言葉を換えると私たちは季節を食べているわけですね!
(塾長 山村慎一郎)


スーパーに行くと色々な季節の食べ物を年中買えるので、
季節の食べ物を調べてみると「これってこの季節の食べ物だったの?」と、驚くことがあります。
意外と季節のものを季節のうちにしっかり食べるというのは難しいですね。

季節の節目を意識して、しっかり季節を食べていきましょう!
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

【大阪】中医学講座を開催致しました。

chigaku_22.jpg

山村塾大阪校 公式講師の福井です。


10月の中医学講座 『木火土金水の五行 』
続中医学講座 『肝』を開催いたしました。

『五行』の相生・相剋関係は、自然界も人間も同じ。

飼い主とワンちゃんをたとえにお話しさせていただきました。
今まで疑問だった事が、わかるようになりました〜と嬉しいお言葉😃

続中医学は、『肝 』

肝の働きが低下するとどうなるか。

最近怒りっぽいのは、肝がお疲れかも。
そして美容面とも関係があるのは、気になるところです。

11月のかんたん中医学は『体をめぐる気血水』


続中医学は『心 メンタルとの関係』


中医学の本を読んでも、よくわからない⁇方、ご参加お待ちしています。

(山村塾認定講師・中医健康アドバイザー  福井洋子)



こちらもお申し込み受付中です。

『やさしい望診法入門 お肌編』

顔に出ているしみ、ほくろ。

これはあなたの食べているものと深く関わりがあります。

望診にご興味のある方、復習されたい方
いかがですか。



『足から読み解く〈潜在意識〉
あなたの未来を開くしあわせ足裏レッスン』

いつも大地を踏みしめ頑張ってくれている足を、
いたわり、じっくり見つめるチャンスです。
posted by スタッフ わこう at 15:57| Comment(0) | スタッフの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする