sit_bn.jpg

2017年12月30日

本年もご愛顧頂きありがとうございました

こんにちは
あっという間に今年も残すところあとわずかとなりました。

せわしない師走。
みなさんにとっての、ホッとあたたかい時間はどんな時ですか?
ちょっとしたホットタイムを、自分にプレゼントしてあげてくださいね。

師走の12月に開催された山村塾の懇親会。 
会場は、『カフェ アムリタ』東京スカイツリーのあしもと、押上駅からすぐの東京塾生・桜沢さんのお店。
おいしく美しいマクロビオティックのディナー、かわいいスイーツをいただきました。

IMG_0793.JPG



IMG_0814.JPG

大勢の仲間たちや卒業生が集い、
初級 中級 上級のクラスを超えて語り合い、そして、来年の夢を語り合ました。

山村先生、カフェアムリタの桜沢さん、講師のみなさんのおかげで
ホッとあたたかい気持ちにあふれた時間を過ごすことができました。

みなさまにとりまして、良い年越しと年始をお迎えになられますようにお祈りしております。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
また山村塾でお目にかかりましょう。
(上級望診法指導士 片岡かず子)

posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

続中医学講座 終了しました。

今年最後の中医学講座、続編『脾 の働き』が終了しました。

脾は、リフトアップなど美容面の影響もあり、脾が健やかだと
お肌も潤います。 

そして、思い悩んでしまうのは、脾の働きの低下によります。

脾胃が弱ると、どこの場所にサインが現れるかの望診、脾が弱る原因・対処法などをお話ししました。

来年、1月は『肺』
肺は、呼吸だけでなく治療と調節をする大切な働きがあります。


中医学の本を読んでも、よくわからない⁇方、ご参加お待ちしています。

(山村塾認定講師・中医健康アドバイザー  福井洋子)

こちらもお申し込み受付中です。
『やさしい望診法入門 舌編』
望診にご興味のある方、復習されたい方
いかがですか。

『足から読み解く〈潜在意識〉あなたの未来を開くしあわせ足裏レッスン』
いつも大地を踏みしめ頑張ってくれている足を、いたわり、じっくり見つめるチャンスです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします❗️
よいお年をお迎えください。
posted by goash at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

【東京】やさしい手相講座 第6回:太陽線

私たちの手には9つの丘があるのをご存知ですか?

例えば
人差し指の付け根のふくらみ・・・
ここには木星丘と呼ばれる丘があり、その丘には地球上に原油が埋蔵されている地域があるように、地位や権力などのエネルギーがあると言われています。

そして今回の講座のテーマは太陽線でしたが、この線は薬指の付け根にある太陽丘に埋蔵されているエネルギー、幸せ、人気ととても関係があるのです

つまりその辺りに線があるということは、幸せを感じられる人、あるいはとても人気者、ということができます

そんなことを頭の隅に置きながら線を見てみると、何本もある人や、しっかりと一本線のある人など、個性や特徴がはっきり表れています。
あれこれと好奇心旺盛で、様々な分野で活躍している人は、やはりいくつもの幸せがあることが、しっかりと線に刻まれていて、手相の不思議さを改めて感じることができます

また、手相は、日々変化します。
意識や行動を変えると変化が如実に現れるのですが、その変化を読み取れることは、人生の転機を確信するためにも大変有益です

IMG_5761.JPG

参加された方々も、皆さん、確実に手相を読み解く力がアップしていて、ご自身の変化を認識できるようになっています

引き続き、勉強会などを設けていきたいと、盛り上がったところで、お開きとなりました

残念ながら連続の手相講座は今回が最後でしたが、次回また新規の講座を開講しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください

望診の食事指導にも役立てられるので、おすすめです
瀧口ひとみ(山村塾認定講師・東明学院専任講師)


瀧口ひとみさん、霜崎ひろみさんによる望診法入門講座のお申込みを受付中です!


お申込みお待ちしております!
ラベル:東京 ワンデイ
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

念ずれば花開く

みなさんこんにちは!

遂に昨日(amazonでは19日に)、山村塾塾長、山村慎一郎の新しい本が発売されました。

51jYv6WRGgL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

今回発売された本は、以前出版された文庫"週3日だけ!の ヤセる「食べグセ」ダイエット"を再構成・加筆・編集したもので、
タイトルに「図解」と追加されたことからわかるように、
写真やイラストなどが沢山追加され、とても見やすく、分かりやすくなりました!
以前の"食べグセ"と比較すると、格段に知人友人に勧めやすくなったと思います。


先日行われた初級特別講座内で塾長がおっしゃっていましたが、
山村塾は「一家庭に最低でも一人、食に関心のある人がいる事」を目標の一つにしています。
この本はその足掛かりの一つになると思います。


既にご購入いただいた方もいらっしゃると思いますが、
山村塾が開催する講座内でも来年1月から販売致しますので、まだお持ちでない方は是非ご検討ください。

事務局で販売する本は、一冊一冊塾長の心のこもったサイン入りです!
(数に限りがございます)


IMG_5765.JPG

IMG_5767.JPG

amazonや一般書店でもご購入いただけますので、宜しくお願い致します!



posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

【体のなかに神様のベッドがあるのを知っていますか?】

私たちの体のなかに、神様が眠るベッドがあることを知っていますか?

さて、それはどこにあるでしょう?

答えは、、、心(臓)です!

東洋医学では、心(臓)はとっても大切な臓器なので、

「神様がいる」と考えられてきました。

だから、心(臓)は神様のベッドなのです。

心(臓)が神様のベッドならば、フカフカの方が寝やすいですよね。

フカフカなベッドを作るのは、十分な血です。血が少なくて、せんべい布団だったら、、、

神様は背中が痛くて、安眠できません。

ということは、、、不眠の原因のひとつには、

「心(臓)に血が十分にない」ということが考えられます。

また、心(臓)が熱を持ちすぎてしまい、ベッドが熱すぎたら、

神様は、寝苦しくて、これもまた寝られません。

とすると、不眠の別の原因として、「心(臓)が熱を持ちすぎること」も考えられます。

もちろん、他の臓器が原因のこともありますが、

「『よい眠り』は、心(臓)に関係する」と東洋医学では考えることもあるのです。

そういうお話を先日の『東洋医学薬膳入門』でさせていただきました!

IMG_1926.JPG

それで、ベッドが熱くて(=心(臓)に熱を持っていて)寝られないときは、

舌の先が赤くなることが多いのです。

そういときは、熱を冷ますものや、「苦味」がよいのです。

山菜類など、「苦味感じる野菜」をたくさん食べてみましょう。

この講座の中では、薬膳茶もお出ししています。

IMG_1900.JPG

IMG_1889.JPG

今回、皆様に試飲していただいたのは『蓮の実の芯』のお茶!

『蓮芯茶』とか『蓮子心茶』とか言われていて、寝られない、

という以外に、リラックスしたいとき、炎症を鎮めたいとき、痛みを抑えたいときなどにもよいのです。

これはすごく苦くて、私は緑茶とブレンドしないと飲めません。

というか、よく寝られるから、必要ないということかもしれません。

が、、、受講生さんの中には「おいしい、苦くない」という方もいて、

そのときの体が必要としているということかもしれません。体は正直です。

このお茶、結構強烈で、私は飲んだら眠くなります。

朝飲んだら、電車でコクリコクリ。

危うく乗り過ごしそうになったほどです。(個人差はあります。)

そのほか、今回は、心(臓)の各種不調に合わせて、

蓮の実の甘辛煮、潤いキッシュ、山査子のコンポートの試食、

そして、金銀花のお茶と、新年も近いのでお屠蘇の試飲もご用意しました。

IMG_1937.JPG

来年1月の『東洋医学薬膳入門』のテーマは、

『お悩み体質の人は、この臓器を大切にすれば良いですよ。』というお話をします!

すぐに考えこんでしまう人、思い悩みやすい人、そうでない人も!お待ちしてます♪

IMG_1888.JPG

(山村塾認定講師・国際薬膳師・国際薬膳調理師 霜崎ひろみ)

次回講座は来年1月15日です!

posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする