sit_bn.jpg

2017年09月11日

やさしい望診入門 -肌に出るサイン-

鏡に映る顔を見た時、「今日は顔色がよいな♪」とか「目の下がむくんでいる」とか、はたまた「こんなところに吹き出物が!」とか、思うこと、ありますよね?

なんたって『顔』ですから。『むくんでいる』時、「あ、昨夜飲み過ぎた…」など、反省した経験もあるはず。


「今日の顔はいまいち」と思ったら、ちょっと考えてみてほしいのです。

「昨日何食べたか?」と。


山村塾では、『食べ物=体を作るもの』と第一に考えます。

すると、『吹き出物』や『むくみ』は、『多すぎた食べた物』が変身した形なのです。

つまり、『いらないもの』!


『どんな食べ物』を食べると、『どんな風に顔に出るか』、そして、その食べ物が『体のどこを疲れさせているか』を、わかりやすく、すぐに使えるようにお伝えしているのが、山村塾の『やさしい望診法入門』です。


『肌』の回では、講座内で、鏡とにらめっこして、ご自身の『肌に出ているサイン』をチェックしただくので、『今、どんな食べ物が多いか』『今、体のどこが疲れているか』がわかります。

今回は12名の方がご参加くださり、『肌の色』や『肌の質』を比べっこ。

一人ではわかりにくいことも、みなさまで比べてわかることもあるのです。

それぞれの『今の体』がわかったところで、『お疲れ解消』の『食べ物』をお伝えします。


すぐに使えて、ご自身やご家族の体調管理に役立つ『やさしい望診法入門』。

望診法のメインになる『肌』『目』『舌』『爪』の4回をそろえています。

ぜひ、ご興味のある回にご参加いただき、実践していただきたいと思います。


今回ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。


(山村塾認定講師 霜崎ひろみ)



IMG_4658.JPG



次回のやさしい望診法入門は”目にでるサイン”です

詳しくはこちらから → 家庭で使えるやさしい望診法入門


霜崎講師による東洋医学薬膳入門講座もお申込み受付中です!

詳しくはこちらから → やさしい東洋医学薬膳入門





posted by goash at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: