sit_bn.jpg

2018年01月18日

望診法で役に立てるように!望診法指導士たちが願うこと

昨年の春、または秋から始まった山村塾の望診指導士養成講座(初級、中級、上級)は、各地で修了の時期を迎えています。


東京、大阪、名古屋、九州の山村塾から、今回も上級講座を修了されて、15人余りの『新望診法指導士』が誕生します!
約10年続いている養成講座ですが、総勢、170人ほどの望診法指導士が全国で活躍されています。


食事指導をお仕事としてされている方、医療関係やセラピストなどご自身のお仕事に活用されている方、
ご家庭やお友達のために使われている方、ご自身のために使われている方とさまざまですが、
「望診法」を大切に思い、人のために役立てようという気持ちは共通しています。


私が「望診法」を学んだきっかけは、自分の体質改善をしたいと思ったからでした。
大病をしたので、「再発しない体を作りたい!」と思ったからでした。

「望診法」を学び始めると、「体の中の状態が外に出てくる」というのが面白くて面白くて、
家族、電車の中や職場、テレビに映る人、どこでも、だれでも、観察して、
「この方は、「この臓器がお疲れかな?」など想像して、家でテキストを見返して…と楽しみながら、学んできました。
「山村塾の望診法」は、塾長の経験がふんだんにちりばめられていて、
内容が濃くて、うなずくことが多くて、とても楽しい講座でした。


初級で、「望診法」を学び、どの臓器が弱っているかの見方を、

中級で、「不調の改善を助ける食べ方」を

上級で、「食事指導の実地練習」をします。


段階を踏んで、着実に進むからこそ、しっかりと身につけられる。

そして、仕事や家庭に活かすことができ、人の役に立つことができるのだと思います。



「山村塾」の深くて・濃くて・面白い「望診法」

いっしょに学びませんか?
(山村塾認定講師 霜崎ひろみ)


extra2.png


現在山村塾では、2018年春スタートの望診法指導士塾生を募集中です。




・名古屋
(お申込み受付を開始し次第ホームページ上でお知らせ致します)

posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする