sit_bn.jpg

2018年01月31日

大阪 続中医学講座『肺』が終了しました。

中医学肺.jpg

肺の大切な働きは、『治節 』
治療と調節という意味です。
肺はカラダの上部にあり、外からの邪の影響を受けやすいです。
そして、肺の治療と調節の働きで、咳や鼻水として邪を追い出しています。

今回は、風邪のひき始めの対処法、風邪の原因やメカニズムを
お話ししました。

次回は、第5回  『腎』の働き 
腎は元気を蓄えます。
食べた物から脾で、元気を作り、腎で蓄えます。
髪が艶やかなのも腎と関わりがありますよ。

2月23日(金) 19:00〜20:30

中医学の本を読んでも、よくわからない⁇方、ご参加お待ちしています。
(山村塾認定講師・中医健康アドバイザー  福井洋子)

こちらもお申し込み受付中です。
『やさしい望診法入門 爪編』
2月8日(木) 19:00〜20:30
望診にご興味のある方、復習されたい方
いかがですか。




posted by goash at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: