sit_bn.jpg

2018年05月11日

卒業生を尋ねる旅〜ベジタリアン料理家・erico(東川恵里子)先生:スタジオジプシーがマイスタジオを持った理由〜

**************************************

2018年2月に「山村塾の卒業生を尋ねる旅」と銘打って訪れた、
京都・二条にある東川恵里子先生のキッチンスタジオで行われたインタビューです。

**************************************

☆スタジオジプシーがマイスタジオを持った理由
erico先生:e 山村先生:山)


― 勉強された望診を今のお仕事に取り入れられて、ついにスタジオも構えられて、
  どんどん成功の道を進まれているイメージなのですが、
 「この先まだ目指すところ」や「この先手に入れたいこと」
 「まだ自分に足りないな」と思うことはありますか?

e:目先のことで精いっぱい。あまり「これを手に入れたい」とか、
  「計画的に何かしよう」と思ったことがなかったです。
  だから『スタジオを持つ』というのも自分の視野には入っていなくて。
  あちこちのレンタルキッチンを回って、
  『ジプシー状態』で6年間以上やっていることに
  何の疑問も感じていなかったです。

― どうしてスタジオを持つことになったのですか?

e:『ジプシー状態』でレッスンをする中で、お世話になったレンタルスペースごとの
  ご縁を「ありがたい」と思いながらも、ちょっと不自由な感じが出てきました。
  そこで完全なフリーとなると、
  (現在のスタジオの隣にある)ここのレンタルキッチン。

  4年間ずっと、旦那が1回のレッスンの荷物運びで1〜4階までを
  15往復ぐらいしてくれるのも大変なので、
  「そろそろスタジオ持てたらいいんかなぁ」と思うようになりました。

  スタジオの場所を探そうと思って、ここの大家さんに相談したら
  「京都市内は家賃が高くて厳しいよ」と言われましたが、
  その矢先に、このビルに入っている服屋さんが移転することになって、
  その後を貸してもらえることになりました。

  お店をしていた時もなんですけど、「店したいよね」と言っていたら
  そういう話が入ってくる。
  なので、いつも「ただ目先のことを一生懸命、必死でやって」という感じで
  ここまできました。


DSC_1257.JPG DSC_1268.JPG

--- menu ---
●山村塾の魅力@ 〜『根っこに響く』ものが学べる〜
●山村塾の魅力A 〜食べるものを否定しない〜
●山村塾の魅力B 〜erico先生流・陰陽五行の捉え方〜 (動画)
●山村先生とのエピソード (動画)
  
@山村先生の第一印象   A上級クラスで食事相談をしている時のエピソード
●スタジオジプシーがマイスタジオを持った理由
erico先生の『目先』にあるものとは

【イベント情報】※受付終了の際はご了承ください。

☆erico先生のNeoベジタリアン料理®☆
ナティカナパ& 『erico』の料理コラボ
2018年5月27日 (日) 11:00〜17:00
2018年5月28日 (月)11:00〜17:00
詳細・お申込みはコチラ


☆山村塾☆

〇東京〇

〇大阪〇

〇名古屋〇

〇福岡〇
posted by goash at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒業生を尋ねる旅〜ベジタリアン料理家・erico(東川恵里子)先生:erico先生の『目先』にあるものとは〜

**************************************

2018年2月に「山村塾の卒業生を尋ねる旅」と銘打って訪れた、
京都・二条にある東川恵里子先生のキッチンスタジオで行われたインタビューです。

**************************************

☆erico先生の『目先』にあるものとは
(erico先生:e 山村先生:山)

― 今の『目先のこと』と言ったら何がありますか?

e:目先は料理教室と、指導者養成講座。
  あとは今、『古代小麦(※)』がすごく好き。
  『古代小麦』は人の手が全く入っていなくて、
  「品種改良されていない」という意味で、いいものだと思っています。

  それを何とか広げようと思っているけど、使い方が分からない部分が多い。
  古代小麦のパンにしても。
  その『古代小麦』を使った醤油作りとかをしたら世界初ですからね。

  わたしは『古代小麦』の粒を茹でて、それをお肉の代わりみたいに
  色んな料理に展開しているけれど、
  それを教えられるのがNeoベジの指導者だけなんですよ。今の国内でね。

  だから、「『古代小麦』『雑穀』も含めて『人の手が入っていない穀物』を
  クローズアップした本を出したいな」というのがあります。

山:大事だよね〜。「人の手が入っていない」っていうのは。

e:そうなんですよ。育てている段階で人の手は入っているんだけれども、
  種としてね。


山:小麦は、品種改良しすぎなんですよ。

e:1970年代から品種改良されていないものはないの。
  それでまた『グルテンフリー』が流行っている。
  人間がしてきた品種改良のことも踏まえて、『グルテン』を悪者にする前に、
  3冊目は『古代小麦』をクローズアップした、
  金と黒とエジプトみたいな感じのを「やりたいなぁ〜」と思っています。

  それが2年後ぐらいに出せたら、ちょうど(1冊目が)妊娠中、
  (2冊目が)産後、それからみたいな3部作になる。
  それを今は「できたらいいなぁ」と思っているところかな。

  みんなが「小麦好き」なのは変えらないので、
  それなら『古代小麦』に行けばいいと思う。
  そうしたら『古代小麦』を作る人が増えるしね。


(※)古代小麦:スペルト小麦、ヒトツブコムギなどの総称。
        品種改良された現在の小麦より消化吸収されやすいとされている。

DSC_1285.JPG

--- menu ---
●山村塾の魅力@ 〜『根っこに響く』ものが学べる〜
●山村塾の魅力A 〜食べるものを否定しない〜
●山村塾の魅力B 〜erico先生流・陰陽五行の捉え方〜 (動画)
●山村先生とのエピソード (動画)
  
@山村先生の第一印象   A上級クラスで食事相談をしている時のエピソード
●スタジオジプシーがマイスタジオを持った理由
erico先生の『目先』にあるものとは

【イベント情報】※受付終了の際はご了承ください。

☆erico先生のNeoベジタリアン料理®
ルナティカナパ& 『erico』の料理コラボ
2018年5月27日 (日) 11:00〜17:00
2018年5月28日 (月)11:00〜17:00
詳細・お申込みはコチラ


☆山村塾☆

〇東京〇

〇大阪〇

〇名古屋〇

〇福岡〇
posted by goash at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

立夏

八節を目処に更新している塾長の季節便り。今回は立夏編です。

koinobori_house.png

柱の傷はおととしの 五月五日の背比べ♪

またこんな歌もありました。

夏も近づく八十八夜♪

このような素敵な童謡は今ではほとんど歌われなくなってしまいました。

さて、今年の立夏は五月五日です。

でも現代の新暦での五月五日は夏の始まりと感じませんね。七月七日の七夕も同じ思いがします。梅雨のさなかですから。それもそのはず、明治以前に使われていた太陰太陽暦は中国の寒冷地の黄河流域で「農暦」として使われていたものなのだそうです。それを日本に合うように何度か修正し、天保十三年に天文学的にも世界で最も正確な太陰太陽暦となったそうです。だから立夏も七夕もお盆も旧暦の方が季節にぴったり合ってしっくりするのです。

 二十四節気の穀雨から数えて15日目にあたる立夏は、田植えや種まきが始まる時期です。また八十八夜の数日後にもあたり、歌にもある通り「夏も近付く八十八夜」に近い日が立夏となるのです。二十四節気の穀雨から数えて15日目にあたる立夏は、田植えや種まきが始まる時期と言えます。

taue_boy2.png


この時期になると車窓から田んぼをみると水が入ってしろかきが始まり、蛙の鳴き声が聞こえるようになりますね。

蛙をかわずとも言います。これは、河之蝦(かわのかえる)といって、田んぼの蛙と区別していたらしい。また、かじかガエルと言うのもあります。これは「河鹿蛙」と書きます。きれいな水の渓流に住み、美しい声で知られる河鹿蛙。鹿の鳴き声に似ているので、この名がついたといいます。

 五月五日と言えば「鯉のぼり」

 中国に「龍門」という激流があり、そこを登ることができた鯉は龍になって天に登るという伝説があました。「登竜門」という言葉は ここからきています。立身出世を願って鯉のぼりを揚げるようになったと言われます。池の底に住む日本の鯉とはずいぶん違いますね。

立夏から初夏の食べ物

【野菜】

・人参(にんじん)本来人参の旬は秋から冬なのですが、一般に流通している西洋人参は産地を変えながらいつでも変えるようになりました。とはいえ主産地はやはり寒い北海道です。原種はアフガニスタンと言われています。

・筍(たけのこ)第二十一候では「竹笋生(たけのこしょうず)といい、筍が生えてくる時期です。新暦では五月十五日〜五月二十日頃です。筍は排便を良くして熱を冷ます働きがあります。冬に溜まった余分な物を捨てるわけですね。わかめと一緒にわかめを炊き合わせて、山椒を添えた若竹煮は春の味ですね。

【魚貝類】

・アサリ

ゴールデンウイークの楽しい催し物と言えば潮干狩り。浅蜊(あさり)ですね。浅蜊は肝腎胃に良い食べ物です。清熱と言って冷やす力があるので、お酒を飲み過ぎた後の胃熱を取るのにとても効果があります。私は江戸名物の浅蜊を炊き込んだ「深川飯」が大好物です!利尿するので、飲み過ぎの浮腫にも最適。

・鰹

昔、鰹は、鰹節にして食べていたといいます。「勝男武士」に通じるので、武士に珍重されたそうです。生食するようになったのは江戸時代。とくに、立夏から初夏の鰹は、初鰹と呼ばれ、もてはやされました。大変高価だったにもかかわらず、初物好きの江戸っ子たちに「女房を質に入れても食べたい」といわせたそうです。鰹は腎を助け気力精力を増します。また貧血や体力回復にも効果があります



posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

大阪 望診実習勉強会のお知らせ

山村塾 初級講座修了以上および、卒業生対象の望診実習勉強会を開催します。

 5月12日(土) 13:30〜15:00

望診を勉強したけれども、もう少し実践をして自信をつけたいなぁ・・
という現役生および卒業生の皆さん、お待たせいたしました!

自主練習会のような勉強会ですので、当たったとか外れたとか気にせずに、
楽しみながら望診をマスターしましょう。

クラスを超えて、いろんな方々と交流しながら楽しくスキルアップ!

本勉強会は定期開催の予定で、山村先生がいらっしゃるときとそうでない時があります。
山村先生がいらっしゃる回は参加費500円、いらっしゃらない回は参加費無料です。

☆今回は、山村先生がいらっしゃいます。

OBの方も大歓迎ですよ!

お申込はこちらにお願いいたします。
goash.osaka@gmail.com
posted by goash at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

「やさしい東洋医学薬膳入門」臓腑の相互関係

こんにちは、山村塾認定講師の霜崎ひろみです。

とても、良い気候になって来ましたね。

山村塾でも、新講座が各地で始まっています。
東京では、今月末から、新初級講座が始まります。

山村塾で講師を始めて、かれこれ3〜4年が経過しました。
早い!です、本当に、、、。あっという間。
今でこそ、極度の緊張はなくなりましたが、
はじめのうちは、ひどく緊張していました。
講座の数日前から、緊張で、食欲なくなって、
胃がキリキリ痛む、、、そんなこともありました。

皆さんは、わたしのような経験、
されたことはありますか?
「ストレス」や「緊張」でいっぱいのとき、
「胃」が痛くなったり、下痢したり、というような。

そもそも、どうして、「緊張」すると、
「胃」が痛くなるのでしょう?

その訳、東洋医学で考えると、すごく納得いくのです。
「あー、そうか、、、」って。
しかも、解消法までわかってしまうんです!

東洋医学は、「五行論」が基礎にあります。
「五行論」では、ある法則に基づいて、
季節、色、味、そして、私たちの体(臓腑)などを
「木、火、土、金、水」の5グループに分類してあります。

五行色体表
『木』:『春』『青』『酸味』『肝・胆』
『火』:『夏』『赤』『苦味』『心・小腸』
『土』:『晩夏(長夏)』『黄』『甘味』『脾・胃』
『金』:『秋』『白』『辛味』『肺・大腸』
『水』:『冬』『黒』『鹹味(塩辛い味)』『腎・膀胱』

「木、火、土、金、水」は、順序よくお隣同士手を繋いで、
輪になって、ぐるぐるぐる回ります。
また、一方で、木→土→水→火→金→木という順番で、
少し、手綱を引いて、暴走しないようにし合っています。
(木は土を、土は水を、水は火を、、、という具合に)
ぐるぐる回って、手綱を引いて、、、きれいな回転ができているとき、
私たちの体は、健康です。

しかし、一つの臓器(ある一つのグループ)に、
負荷がかかったり、力が弱まったりすると、
この良い関係を保っていたパワーバランスが崩れます。
うまくぐるぐると回れなくなって、
いびつな回転をするようになって、
私たちの体は不調になってしまうのです。

これを、さきほどの「緊張」に当てはめると、
「緊張する」という心の状態は、
一番、「肝」と関係が深く、「木」のグループ。

「緊張」して、「肝」(木のグループ)に負荷がかかると、
手綱を引いてあげている「土」を、
必要以上の力で引っ張ることになり、
「土」が苦しくてうまく動けなくなります。

そして、この「土」に属しているのが、
「胃」なのです。

「緊張」し過ぎると、「胃」がおかしくなる。

東洋医学では、こんな風に考えられて、
各臓腑に相互関係があるのです。

では、「緊張」したときに、
「胃」が痛くならないようにするには、
どうしたら良いでしょう?

これも、東洋医学で、解決できます!
緊張して負荷がかかり暴走している「肝」の手綱を
ぎゅーっと引っ張れば良いのです。
というと、「肝」の手綱を引いている「肺」の動きを活性化して、
「肝」の暴走を抑えるのです。
具体的には、、、
大きく息を吸って、吐いて〜って。
深呼吸ですね。こうやって「肺」を使えば良いのです。
すると「肝」の高ぶりを抑えられます。

みなさんも、緊張したとき、
無意識で、深呼吸していたりしませんか?

緊張する場面では、胃が痛くなる前に、
深呼吸ですよ!!

そう、呼吸といえば、次の「やさしい東洋医学薬膳入門」は、
「肺」の働きのお話です。
今日のお話のように、精神安定にも一役買っている「肺」。
身近なところでは「せき、こえ、のど」。
「肺」に関するお話をしながら、
せきが出たときなどに良い食材やお茶をご紹介していきます。

IMG_6140.JPG

IMG_6139.JPG

季節の変わり目、風邪を引きやすい季節です。
東洋医学の知識をちょこっと、
日々の生活に取り入れてみませんか?
(山村塾認定講師・国際薬膳師・国際薬膳調理師 霜崎ひろみ)


次回の「【東京】やさしい東洋医学薬膳入門」は咳・声・喉に!『肺』の働きと不調
5月14日に開催されます。詳しくはこちらから

また、これからやってくる梅雨に備える
「梅雨だる」解消に使える望診と薬膳的ケア」講座のお申込みも受付中です。

ココロやカラダがだるいな、重いな。そんな「梅雨だる」を経験したことはありませんか?
この講座では梅雨だるの原因と、爽やかなカラダ作りに役立つ「爽やか」薬膳をご紹介します!
詳しくはこちらから


IMG_6143.JPG IMG_6129.JPG IMG_6136.JPG



posted by goash at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする