sit_bn.jpg

2017年12月01日

淡路島断食が開催されました。


11/27〜29に淡路島断食が開催されました。
わかってはいるけれど、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎからの
不調を解消できる絶好の断食です。


IMG-4846.JPG

断食前から前準備として、一汁一菜の減食をします。
断食中は、朝と夕のみ。玄米ごはん、汁物、お漬物、ごま塩。
エッ?これだけと思いますが、ゆっくりゆっくりよく噛み、
味わっていただくと五臓六腑に染み渡ります.


IMG-4827.JPG

IMG-4831.JPG

2日目は、デトックスヨガ。呼吸の吸うより吐くをイメージする
ふいごの呼吸」や、体をねじるポーズで、巡りを良くし、
老廃物の排出を促します。


IMG-4836.JPG










次は、デトックスマッサージ。
こちらは、フェイスまわりを中心にマッサージを
していただきました。
こりがほぐされて気持ちいい♪
流れが良くなり、顔の緊張も取れ、笑顔が作りやすくなったと
言われていましたよ。

断食中は、眠い、だるいなどの症状もありますが、これは排毒です
下に沈んでいた毒素が浮き上がり各症状が起きます。

夜は、山村先生の望診とびわ温灸体験講座がありました。
話が弾み、惜しみなくご指導くださいます。


IMG-4871.JPG


断食は最終日の朝食をいただいたら、解散します。
一気に戻さず、回復食として、昼・夜はおにぎりかお粥と梅干し、
味噌汁にします。

1日目とは見違えるように、みなさんスッキリとされていました。

なかなか日常の生活では、実行しにくい断食を、無理なく体験できた事、
食事を味わっていただく、噛む事だけに集中できた事など、
有意義な時間を過ごせました。


IMG-4857.JPGIMG-4858.JPG
ご参加の皆様、ヨガの先生、マッサージの先生、お料理の先生
ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

次回は、3月を予定しております。
posted by goash at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

木になる瓜で体の除湿

こんにちは、山村塾講師の霜崎ひろみです。

みなさん、『木になる瓜』って知っていますか?

『木瓜』と書いて、『モッカ』と読みます。

1.jpg

2.jpg


こんな風に、実をつけます。

我が家にも小さな小さな木が1本植わっていて、
秋になると、少しだけ実をつけます。

もちろん、実をつける前に、花が咲くわけですが、お花はこんな感じ。

3.jpg

もう、何の木かわかりましたか?


4.jpg

『カリン』(上の写真)に良く似ていますが、『カリン』ではありません。
これは、、、
『ボケ』です!
バラ科のボケ属。『カリン』と『ボケ』は、同じバラ科。親戚です。

『ボケ』の名前の由来は諸説あるようですが、
『木瓜』を『モッカ』『モックワ』『モケ』『ボケ』
と変化したとも言われています。

この『ボケの実』、そのままでは、食べられませんが、
ジャムにしたり、果実酒にしたりして、
楽しむことができます。

そこで、今年は7個、実がなったので、果実酒づくりに挑戦です!

まず、きれいに洗います。

5.png


そして、焼酎といっしょに瓶につけるだけ。

6.png

最初、まるごと漬けてみましたが、

これでは、1年くらいかかるということで…

あとから、また実を取り出して、

輪切りにして漬け直しました。

(そのおかげで)少し、実が柔らかくなっていて、

切りやすかったです。

7.jpg

8.jpg


この『ボケ酒』、

疲労回復、お腹の調子を整えたりすると言われていますので、

半年後の完成が楽しみです♪

このように、手軽に作れる『果実酒』ですが、

実は、漢方薬でも使われているのです。

生薬名は『木瓜(もっか)』。

効能は『舒筋活絡(じょきんかつらく)』『化湿和(かしつわ)胃(い)』

つまり、

『筋肉の動きを滑らかにして、経絡*の流れを活発にする』(舒筋活絡(じょきんかつらく))
*経絡とは、体にあるエネルギーである”気“の通り道のこと。

そして、『体の中の湿気を排出して、胃の働きを良くする』(化湿和(かしつわ)胃(い))

『湿気を取り除く』という効能から、

『むくみ・関節の腫れや痛み・筋肉痛・リウマチ』などに使われています。

前述の『カリン』。

同じ仲間なので、こちらも『湿気』を取り除きます。

だから、よく『痰切り』に使われます。

おおざっぱに言うと、『ボケ』のほうは、

体の中の湿気を取り除き、

『カリン』のほうは、同じように湿気を取り除くけれど、

特に痰を取り除く、

と考えればよいということになります。

『ボケ』も『カリン』も、昔から民間療法として、

果実酒や砂糖漬けなどにされてきました。

『漢方薬』とくくらなくても、

自然とともに生きてきた私たちは、

自然の恵みの素晴らしさを知っていたのですね。

日々の暮らしに、役立てられること、

たくさん!あります。
(山村塾認定講師・国際薬膳師・国際薬膳調理師 霜崎ひろみ)


来月も霜崎講師による東洋医学薬膳入門講座が開催されます。

次回のテーマは「『心』の働きと不調」



posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

【再掲載】『オリゼの会』の『願い』と『食事相談』

山村塾には、会長 山村慎一郎、顧問医師2名、

管理栄養士、講師などから成る『オリゼの会』があります。

この会は、言わば、山村塾の研究機関。

会長の『麹菌のように、山村塾も、みなさまのお役に立つように変化していきたい』

という願いが込められ、現在は、主に体の不調に合わせたメニュー作り、食事相談などを行なっています。

IMG_1120.jpg

毎月第2水曜日に松戸の島村トータルケアクリニックで開催している『願いが叶う食事相談』もその活動の一つ。

山村塾で学んだ知識を駆使し、大きな意味で、

『クライアント様が願いに向かって進んでいけるように食でサポートしたい』

というのが私たちの願いです。


今月の食事相談には、1年のお付き合いになるクライアント様がいらっしゃいました。

「これを食べたら体調はどうなるだろう?」

という視点でご自身の体と向き合われている大変勉強熱心な方。

食事相談の中で、望診、お食事のアドバイスの他、

時には質問にお答えしながらプチプチ講座のようになることも。

お話させていただいたことを試してくださって1年。

お会いするごとに体調は上向き、

望診で指摘した箇所の改善が見られることは、とても嬉しいです。


それ以上に、この方が、ご家族の食に対する意識に好影響を与えていらっしゃること、

特に野菜が苦手で偏食だった5歳のお子様の変化をクライアント様が嬉しそうに語ってくださったことが印象的でした。

「ごはんを土鍋で炊くようにしたら、

子供が『美味しい!』と、おかわりして、黙々と食べるようになったんです!」

「何となく買い換えていなかった’みりん’を伝統製法のものに変えて、

きんぴらごぼうを作ったら、子供が『このきんぴら、とっても美味しい。

またこの味で作って!ごぼうって噛んでるとどんどん甘くなっていくね!』

と言ったんです!!」などなど…


感激とうれしさでいっぱいになりました。

このお子さんは、’本物’の立派な大人に成長なさるでしょう。

You are what you eat.

あなたは、あなたが食べたもの、そのものです。

このクライアント様のことを思い出しながら、

What did I eat yesterday?  私は昨日何を食べただろうか?

What will I eat today?  私は今日何を食べようか?

「自分を見直そう!」と思った帰り道でした。
(山村塾認定講師 霜崎ひろみ)


IMG_1119.jpgIMG_1118.jpg   

次回以降のオリゼ会の『願いが叶う食事法・食事相談』

12/13(水)10時〜、11時〜予約受付中

2018年
1/10 (水)10時〜、11時〜予約受付中

2/ 14 (水)10時〜、11時〜予約受付中

3/ 14 (水)10時〜、11時〜予約受付中

(その他の時間帯ご希望の方はお問い合わせください。)

開催場所:島村トータルケアクリニック内 ハルカフェ
〒270-2241千葉県松戸市松戸新田21-2
穀物菜館ビル 3F haru-cafe



〇山村慎一郎による食事相談
たっぷり90分、体調や食事に関する悩みについて山村慎一郎から直接アドバイスを受けられます。
面談後に、望診結果、アドバイス、おすすめ食材がわかる食箋レポートをお送りします。
食事相談終了後も食べているものをチェックしてほしい、質問がしたい、という方には、
山村塾望診法指導士による3カ月フォロー付きプランも!



〇山村塾では食事相談モニターも募集中!
山村慎一郎と上級塾生による面談・望診のあと、しっかり3ヶ月間フォロー致します。
お食事の内容や体調の変化を記録していただき、症状に合わせて担当者からアドバイスを受けられます。


※現在は大阪のみ募集しております。
次回の募集は2018年春を予定しております。

posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

東洋医学で分かるあんなこと・こんなことA

「ほんと、イライラすることばっかり‼️💢」
「落ち込んで、気分うつうつ⬇︎」
こんな気分が続くときは、、、

あの臓器の不調の可能性大なのです!!

「あの臓器とは?」

答えは、『肝(臓)』!!

IMG_1672.jpg

なんで肝(臓)かと言うと、、、

東洋医学では、人間も自然の一部と考えて、

この世界にある物、人体、季節、色、味、

そして、感情までも、いろんなものを、

ある法則に従って、5つのグループにわけたのです。

運動会で、いろんな学年やクラスを

赤組とか、白組とか、色分けするみたいに、です。

それが、「木」組、「火」組、「土」組、

「金」組、「水」組の5組。

それぞれの組に、似た者同士や、

切っても切れない関係の仲間が集まってる。

IMG_1671.jpg

前置き長くなったけど、、、
この「木」組には、体では「肝(臓)」、

感情は「怒」がいて、

切っても切れない仲なのです。

だから、「イライラして、怒りっぽいな、、、」という人は、
「肝(臓)」に問題あり!
オーバーヒート気味です。

このように、オーバーヒートした肝(臓)は

冷やさなければなりませんね。

熱々の肝(臓)を冷やすには、、、

しじみ汁はおすすめ。

しじみは、肝(臓)の熱を冷ましてくれます。

お茶では、はぶ茶がおすすめです。
(蛇の仲間のハブじゃないですよ!植物です😊)

排便を促して、便から熱を出してくれるイメージです。

IMG_1674.jpg

じゃあ、「うつうつ気分は??」

かいつまんでご説明すると、、、
東洋医学では、体や感情をうまく動かすには、

エネルギー「気」が必要で、

その「気」を動かす司令塔の役目を担っているのが

「肝(臓)」と考えられているのです。

だから、司令塔「肝」がお疲れだと、

「気」分が停滞してしまうのですね。

こんな時は、香りの良いもので、うつうつ気分を流しましょう!

香りの良いかんきつ類、

薬膳だと、玫瑰花(ローズでも!)や

みかんの花のお茶などがおススメ。

IMG_1676.jpg

こんなお話を、『やさしい東洋医学薬膳入門―肝―』で

お話しさせて頂きました。

試飲や試食をしていただきながら、

望診もちょこっと交えての講座です。

せっかく学んでいただいた薬膳食材をお家でも

召し上がっていただけるように、ちょこっとお土産付きです。

IMG_1521.JPG

体調がすぐれない方が、薬膳茶を1ヶ月飲み続けたら、
「元気が出てきて、調子が良いの。」
とおっしゃって、うれしいです!

意識の先に、ちょこっと、東洋医学の知識があると、

日々の生活に、とっても役立ちます。

(山村塾認定講師・国際薬膳師・国際薬膳調理師 霜崎ひろみ)


〇薬膳講座(第三回)に参加された方の声
2ebc3d21cba37a23bdf5687ab937161b.png

31a163922254fdb865223fb2f2cbc716.png




ラベル:東京 ワンデイ
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

エコ・ナプキンワークショップ & プチ望診

 「エコ・ナプキンワークショップ & プチ望診

        食事にプラスのケア − 女性の体を健やかに」


1031日に開催しました。

女性特有の健康のお悩みはいろいろあります。

生理不順・PMS・生理痛・子宮内膜症・子宮筋腫・妊娠に関わること・更年期 …

それらは、日々の食事と無関係ではありません。

  つまり、山村塾がお伝えしている

    ”食べ物で人生が変わる − you are what you eat! ” なのです。


でも、

 食べ物だけでなく、生理用品からの影響があるのをご存じですか?


布製生理用品「エコ・ナプキン」を手縫いしながら、そんなお話

      ・・・ どんな食べ物・食べ方が影響するの?

          なぜ布製?− 生理用品を変えるとからだはどう変わるの?

          心地良い生理のためのお手当は? etc ・・・

 に耳を傾けていただき、最後にプチ望診。


手を動かして、聞いて、喋っての2時間(少々オーバー(^_^;))。


IMG_5282.JPG

サイズ違いの3枚のうち、一番小さいサイズ1枚だけでも縫い上げることが目標でしたが、

皆さんスイスイ縫い進み、2枚目にも着手!

チクチク手縫いの楽しさ、心地良さにすっかり魅了されたご様子でした。


エコ・ナプキン作りは下記3工程の順で進めるのが本来です。

@ 縫う → A 染めの準備(煮沸・ご汁浸け・陰干し) → B 草木染め 

   

1日で全工程をこなすことはできないので、草木染め済み(AとBの工程)のネル生地を使っての講座としました。

縫い上がれば完成なので、すぐに使えます。


参加された方は、皆さん、エコ・ナプキンはもとより、布製の生理用品自体が初めて。

ネル生地の手触りの良さにまず感動です。

使っていただいてからの感想が楽しみです。


  ”買って使って汚れたら捨てる” から  

       ”自分で作って使って汚れたら洗ってまた使う”  暮らし へ。


 生理を、自分の体をより愛しく感じられるのではないでしょうか。 嬉しいですね!


 そこから新たに見えてくるものがあるはずです。

        ”暮らすこと” ”食べること” ・・・


IMG_5281.JPG

そうそう、最後に行ったプチ望診。

皆さん、胃や腸にお疲れ気味のサインが出ていました。
冷えがある方、逆に熱を持っている方、お体の状態は皆さん違うのですが。


ひとりひとりお悩みは違えど、豊かな時代の現代人です!

概して、食べ過ぎ傾向あり なのでしょう。 

健やかな体へのキーポイントのひとつ ですね。

(上級望診法指導士 中村美穂子)




開催中、もしくはこれから開催される卒業生企画講座

東京

【卒業生企画】プチ望診付き!やさしい東洋医学薬膳入門


大阪

【卒業生企画】かんたん中医学講座

【卒業生企画】かんたん中医学講座<続編>

【卒業生企画】足から読み解く潜在意識〜あなたの未来を開くしあわせ足裏レッスン〜



ラベル:東京 ワンデイ
posted by goash at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする